×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

バーニャカウダのレシピと作り方

スポンサードリンク

はなまるマーケットでも絶賛

  今の話題をいち早くキャッチ出来るはなまるマーケットでもバーニャカウダを取り上げていて、東京や大阪の有名店を紹介していました。レストランで食べる
のも美味しいと思いますが、野菜とソースで簡単に作れるバーニャカウダは手作りをオススメします。はなまるでも教えていないバーニャカウダのレシピと作
り方は次の記事でじっくり紹介します。バーニャカウダってどんな料理が想像つきますか? バーニャカウダの意味は温かいソースという意味です。つまりソー
スじたいをバーニャカウダと呼びます。食べ方は色々ですがディップとして生野菜などつけて食べるのが一般的です。 シンプルな料理なので野菜の盛り付けや
ソースを温める専用ポットなどにこだわりたいですね。

スポンサードリンク

バーニャカウダのレシピとアイテム

  それでは簡単で美味しいバーニャカウダのレシピと作り方を書きます。 アンチョビ(鯵の塩漬け)ニンニク一個まるごと。牛乳200ml オリーブオイル
です。 まずニンニクを皮向いて全部かけらにします。 さらにそのかけらを3等分にして鍋にいれます。ニンニクが隠れるくらい水を入れてるから煮ます。
ニンニクが柔らかくなったら水を捨てて牛乳を入れてさらに煮ます。ニンニクがやわらかくなって臭味もとれます。10分くらい煮詰めたら、アンチョビを
いれます。オイルも合わせて200グラムくらい。鍋の中の具をヘラで潰しながらさらに煮詰めます。最後にオリーブオイルと塩で味を整えて完成。 ソース
を温めるテーブル用の加熱容器があれば最高ですね。チーズフォンデュの要領で食べてください。

スポンサードリンク